Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽ファンが斜め上の目線で主にスポーツと音楽を中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【サッカー日本代表】新世代の咆哮を高らかに挙げる祝祭となった日本vsウルグアイ戦

 

キターー♪───O(≧∇≦)O────♪

 

埼スタ名物の帰宅難民渋滞に巻き込まれようとも、今日までも浮かれ気味なおじさんです。こんにちは。

 

昨日は、

 

新生日本代表にとって初のトップティア国との代表戦、相手はFIFAランキング5位にして先のロシアW杯ベスト8の強豪、ウルグアイ

 

ガチガチのDFで腕を鳴らす欧州の雄アトレティコ・マドリードのCBのゴディンやトップクラスの攻撃力を誇るFWエディンソン・カバーニなど名クラブで活躍する選手を揃え、70歳の老将タバレスが長きに渡って築き上げたチームは堅固な守備ブロックと一期阿吽の高速トランジションによるカウンターを武器にする、間違いない強豪です。

 

これまでのコスタリカ戦、パナマ戦で特に攻撃で幸先の良いゲームを見せてますが、それが堅守のウルグアイでどれだけ通用するのか、またカウンターの鋭いチームに対してどれだけ攻守の切り替えで対抗出来るのか、アジア杯奪還を見据える日本にとっては分水嶺ともなるべきゲームと言えましょう。

 

注目すべきゲームに私もニワカ丸出しで現地参戦して参りました。

その結果は…

 

f:id:T-FOX:20181017235006j:plain

f:id:T-FOX:20181017235030j:plain

f:id:T-FOX:20181017235054j:plain

f:id:T-FOX:20181017235135j:plain

f:id:T-FOX:20181017235142j:plain

↑観客席にもご親切な第4審判が…笑

 

恐らく、勝つとしてもこんな撃ち合いの馬鹿試合の末勝つ試合は予想だししなかったであろう、観客にとってはスペクタクルな試合となりました。

しかし、その相手がよもやウルグアイとは…日本も成長したものだと、つい感慨に…ウッ(涙)

 

まだ録画放送を観れていないので詳しいレビューは出来ていませんでしたが、現地で感じたのは、選手個々のスキルの基礎が上がって、南米チームの強烈なプレスに対抗して躱す事が出来るようになりました。大量ゴールを為せた要因の一つだと思います。

それなしには前線の中島、南野、堂安の新生代トリオの活躍も始まらない!

 

 

後はもう、このニューエイジ達のスキルの高さですね。(驚)

特にこの1点目の南野、3点目の堂安のゴールの時に躱した相手はCBのゴディンなのですが、2人とも同じようにファーストタッチの時点でゴディンの重心の逆を取り、あっさり躱してゴールを奪いました。2人の選手に同じようにチンチンにされたゴディンはもう、イライラが爆発w

 

勿論これはあくまで非公式戦でホームの試合という事は考慮すべきですが、それでも世代交代がどの国も大きな課題の中、新世代を何人も組み込んでここまでのスペクタクルな試合を披露できた事は日本のスタンダードが上がってるんだなとポジティブな気持ちにさせられました。

 

これで尚更、11月の代表ウイークが楽しみになってきたというものです。

 

11月は、

 

ラグビー日本代表の注目すべきテストマッチ、世界最強の黒い壁、NZ代表オールブラックスとの対戦もあるので見逃せないテストマッチが目白押しです。

 

 …さいたまスタジアム駅いつか出来ないだろうか…笑

 


人気ブログランキング


日本代表ランキング