Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽ファンが斜め上の目線で主にスポーツと音楽を中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ギター】仕事の要素は練習にも活きる。楽器のダラダラ長時間練習にならない為の工夫を考える件

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

こんにちは。ラグビー日本代表の来年2018年6月代表月間、テストマッチシリーズの対戦相手が本日、発表されました。

 

イタリアと2戦交え、最後にジョージア代表と。両チームとも、FWがデカくてその要素だけならフランスにも引けを取らない強さですね。特にジョージアに関してはスクラムはもう世界最強クラス…。

ホームで確実な勝利を狙うシミュレーションとしては恰好の相手。3連勝を狙っていきたいところです!

 

さて前置きはここまでにして、今回は久々に音楽、それもギター練習のお話です。久々過ぎて話題が唐突な感がありますが、私一応ギター弾きでもありまして、この手のジャンルも触れていこうと思ったはずがすっかりご無沙汰になってしまい…orz

 

以前、↓このような↓話をしました。

t-fox.hatenablog.com

 

とどのつまり、「長時間練習する事自体が目的になるなよ!」という事です。

プロのギタリストとか、「一日○○時間はしないとな!」とか結構聞かれますが、それに触発されて長時間やる事が目的化されがちです。

 

正直、それでプロとしての技術を手にしている人は元より音感等の耳が良く、練習による上達のコツを掴んでいるから時間掛けて練習すれば伸びるのだと思います。

 

↑の過去記事でも触れているように、

 

「正しい場所で、正しい方向で、十分な量がなされた努力は裏切らない」

 

この通りです。彼らはそれが出来ているから長時間練習する事が活きているわけであって、十分な量があっても方向や場所が正しくなければ意味が無くなってしまうわけですね。

 

ではギターの練習における正しい場所正しい方向とは何を指すかを考えてみたいと思います。

 

正しい場所は、限られた時間を最大限活かせる、練習に集中する事の出来る環境、というのが要素の一つだと思います。

 

・練習する場所は落ち着いて練習できる環境か?ものが散らかっていないか?

・なるべくすぐにギターが弾ける環境か?準備に時間がかからないか?

・あらかじめ、練習のテーマと、テーマごとにおよそ掛ける時間は決まっているか?

 

練習する場所については、落ち着いて集中出来る環境が勿論望ましい。スタジオを使うのであれば別ですが、自宅であればまず、練習する部屋を見直してみると良いと思います。

部屋の整理が出来ていないと、練習の準備に入る段階で面倒くさくなるなど、労力を使いがちです。ストレスなく練習に入る為に、スマホアプリを駆使するのも有効手です。

チューナーやメトロノームシーケンサーアプリがあればスマホ一つですぐ練習が出来ます。

 

そして、練習時間はあらかじめ決めておくべきだと思っています。そうする事で集中力を高め、練習テーマを明確にする事で練習の目的もはっきりする事が出来る。仕事に通ずる事でもありますね。

 

極限に集中した練習は、1~2時間が限度ではないかというのが持論です。そもそも座っていたとしても、人間は同じ姿勢を保つ事自体が体に負担が掛かります。15~20分座り続けたら一度直立して適度な休憩を入れないと集中力が下がっていくとも聞きます。

 

なので、決められた時間の中練習するテーマを決めて、テーマ毎に掛ける時間も決めてしまう。これが非常に効果的です。

因みに私はこれに気づくまで10年近く掛かりました。そりゃ最初はギターの何たるかを殆ど知らないので、有効な練習方法などが分からないですからね。遠回りは必要な事なのかも知れません。

 

だからこそ、正しい場所正しい方向の大切さを、知らないビギナーの方などには是非知って頂ければとても嬉しい限りです。

 


ギターランキング


人気ブログランキング