Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ラグビー日本代表】プレW杯第1戦ともいえる6月代表戦、最強パワーを誇るルーマニア相手にメンバーを落としてもほぼほぼ完勝であった事に、日本ラグビーの底上げとアイルランド撃破への弾みを実感した件

 

キターーーーーー♪───O(≧∇≦)O────♪

 

 

久々の超級ラグビー速報さんも現地観戦で歓喜キターーーーーー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

更にもういっちょキターーーーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

いつも以上に歓喜しまくりです。こんにちは。だって、ここ最近ラグビーサンウルブズが低調でキターが全く発せませんでしたので(´;Д;`)

 

前回のエントリーでも述べた通り、

t-fox.hatenablog.com

 

本日10日(土)はラグビーの代表月間、ウインドウマンスの第1戦、日本vsルーマニアです。

開催地はなんと熊本県えがお健康スタジアム。確か熊本県初開催だったはず!

会場に足を運んだお客さんは何と、1万7702人!

初開催の地にしては大入りですね。W杯2019に向けた準備を着々と進めている感じです。

 

さて、余計な御託を最小限に、今回の戦い、何せルーマニアは世界ランクで日本に劣れどFWのパワー、特にスクラムに関してはジョージアと同等かそれ以上とも言われる強さ、正に世界トップクラスです。

そのルーマニアに対し、日本のスターティングメンバーは往年のファンが期待をするようなベストメンバーではなく、若干メンバーを落とした陣容です。

大事なフルバックのポジションを任されたのは東海大学4年生の野口!

 

「このメンツでルーマニアに勝てる気がしない」

「普通にFWでゴリゴリ行かれて負けるやろ」

 

そんな不安の声もあったようです。

しかし結果は、33-21。点差と内容からしても、満足とはいかないし快勝とはいかないですが、ほぼほぼ完勝だったと思います。

 

 

結局2トライを取られて嫌な空気になったのは、シンビンでプロップの伊藤が退出して人数が減ってしまった事ですね。課題ははっきりしていて、ディシプリン(規律)につきます。ラックの攻防でペナルティ犯すような状況でないところでペナルティを犯してしまう。これはレフリー対応にも関わるところなので、特に今日本が参戦しているスーパーラグビーでは経験出来ない欧州のレフリー対応は十分に図っておく必要がありそうです。

 

まあ、あとはスクラムで後半を踏んだ以外は殆どのスキルで日本が上回っていたと思います。

 

正にルーマニアがしょぼく見えたとしたら、それはスーパーラグビーサンウルブズを応援しているファンだと思いますが、前回も述べた通り、スーパーラグビーチームとルーマニアではレベルが違い過ぎるんですよ。スキル面もろもろ。

 

そうそう、サタデースポーツでずんぺーこと、10番デビューの小倉順平選手を特集で組ませるくらいに褒めていましたね。こうやって新戦力が経験積んで底上げを図っていく事が今は大事だと思います。

 

 ♪それが〜1番だいじ〜♪♪( ´θ`)

 

 テストマッチも反応してくれないので、2019年までにはインプットしてもらえるように...!!

 

 これが若干24歳の新司令塔、ずんぺーです\( ˆoˆ )/

 

日本が世界に誇る最強タックラー、リーチマイケルが、ですよ?想像したら笑ってしまいますわ...

 

おっぱいの重さで前のめりでノックオンですねわかります\(//∇//)\

 

というわけで、個人的には戦前に予想をしていた通りの、過去対戦した中で一番の完勝劇だったと思います。それでもメンバーを落として。過去から比較したら日本の強化は急速に進んでいる事を示す一つのマイルストーンだったといっても良いかも知れません。

 

これを次戦以降のテストマッチに繋げていかなければならない、という事で遂に本丸のターゲットがやってきます。

 

欧州随一の屈強なフィジカルにスキルも兼ねそなえる、ラグビーホームネイションの一角、アイルランドです。正に来週からの2連戦こそが本番!

 

17日(土)、静岡のエコパスタジアム

24日(日)、東京スタジアム

 

もしここに勝利が出来たら日本史上初、テストマッチアイルランドからの勝利という記録を打ち立てられます。火花散る戦いが(準備含め)今日からもう始まりますよ。

 


ラグビーランキング


スポーツランキング