Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ラグビー日本代表】6月テストマッチのスコッド発表。みなとスポーツフォーラムにて明かされたヘッドコーチの代表編成計画を照らし合わせ、今後の代表の行く末を妄想する件

 

キターーーー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

キターーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

少々出遅れましてすいません。こんにちは。

先日遂に、6月のテストマッチ月間、ウインドウマンスにおける日本代表スコッドが発表されました。

くどいと思いながらも説明し直しますが、サッカーでいう国際Aマッチデー、国際統括機関によって公式に認められるラグビーの国際試合は6月と11月の1ヶ月間に行われるカレンダーであり、これをウインドウマンスと呼びます。因みに国代表同士の公式試合をテストマッチと呼びます。

 

日本ではサッカーの国際試合がお馴染み故、ラグビーの国際試合もW杯のようなカップ戦でない限りは全て親善試合と思われがちですが、ラグビーという競技においてはお互いの国がテストマッチと認めるものは全てが真剣勝負の公式戦です。

 

その6月のテストマッチがもうすぐ来るわけですね。これはドキがムネムネするわけです*\(^o^)/*

 

W杯の抽選会で日本はアイルランドスコットランドと同じプールに入る事が決まりました。そのアイルランドと今月、早速戦う事になり話題性も抜群。

 

そして6月10日(土)に戦うルーマニアは、日本と同じプールの「欧州予選1位」に入って来る事が濃厚で、こちらもW杯の予行試合となる事請け合い!見逃せません!

 

さて、今回の代表スコッドですが、何と言っても最大のトピックは、

 

前主将、リーチ・マイケルが復帰!!

 

キターーーー♪───O(≧∇≦)O────♪

 

正に、

 

「悟空〜!早くきてくれぇぇぇ!。゚(゚´ω`゚)゚。」

 

から焦らしに焦らして登場する孫悟空そのもの...\(^ω^)/

 

彼がいるだけで攻守の精度が段違いになる事でしょう。特にサンウルブズでも課題になっているディフェンス面で相当な貢献度を示してくれると思います。そして日本仕込みの激しいワークレート。期待しかない。

 

他に豪州のレッズの常連ツイ・ヘンドリック、レベルズで破格の活躍をしていえるアマナキ・レレイ・マフィも加わり、

 

6:リーチ

7:ツイ

8:マフィ

 

という、ティア1国も真っ青なバックロー編成に...((((;゚Д゚)))))))

 

正に日本が世界に誇るバックロー\( ˆoˆ )/

 

俄然楽しみになってきました。

 

今回の代表スコッド発表に合わせ、5月31日に都内で行われた「みなとスポーツフォーラム ラグビーW杯2019展望」に出席して来ました。ゲストは日本代表15人制強化副委員長、永友洋司氏。

このフォーラムは、ラグビーW杯2019までにファン向けの協会発信フォーラムを100回行うという目標のもと行われているものです。スコッドが発表されたばかりという事で、代表編成に関しても話が盛り上がりました。

 

聞いていて感じた事としては、ヘッドコーチの目指すラグビーの完成形はまだまだで時間が掛かる、その代わり伸び代は半端ない!という事、その為のスコッド編成を急ピッチでしているという事、全てのポジションでスキルフルな選手、走れる選手を求めている、という事ですね。

 

恐らく今季はサンウルブズも含め、全て2019年で戦える選手を見極める為に費やしていると思います。サンウウルブズファンとしては「勝つ為のベストメンバーじゃないのか!」と複雑な心境かも知れませんが、全ては2019年で勝つ為の準備、日本は犠牲を払わなければならない立場である事は心得るべきだと思っています。

 

今は逆境に耐え、日本ラグビーの頂点である代表で華を咲かせてくれる事を期待します。まずは今月のアイルランド戦初勝利、頂きましょう。

 


ラグビーランキング


スポーツランキング