読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【サッカー】川崎フロンターレが旭日旗問題で差別的処分を受けた事実を鑑み、日本サッカーはAFCを離脱して豪州とパシフィック連盟を新設し、新しい未来を展望してみたい件

 

Σ(゚д゚lll)ナ、ナンデスト...?

 

連日サッカー界が色々な意味で賑わっております。こんにちは。

 

スポーツ&アスリート評論家(自称)と称するからにはこの事件に触れないわけにはいきません。

 

如何せんこの問題はかなりめんどくさい政治的事情も絡む為、スポーツ以外の余計な部分はなるべく端折って触れたいところですが、何ぶんセンシティブな問題の為、今回の裁定の発表は大きな注目を集めたようです。ツイッターのトレンドにも「旭日旗」がランクインしていました。

 

それを見た瞬間に私は、

 

(ーー;)カワサキニオモイショブンガデタナ...

 

とすぐ分かったものです。そうでなければ関連ワードがトレンド入りしなかったでしょう。

 

この事件の詳細は冒頭のリンク先を参照して頂くとして、裁定の結果としては全くもって不可解な、そして川崎にとり非常に重い処分となりました。

 

執行猶予付きとはいえ、無観客試合は世界的に見ても重い処分です。サポーター同士の乱闘だったり、人種差別的な言動が出たりした時などに「主催者側に対して」制裁が下ります。

 

プロ興行であるクラブにとって無観客試合は非常に痛い損失になります。この裁定については当然非難の意見が大勢を占めているようですが、そもそも今回のような政治的にめんどくさいものを持ち込むバカが悪いという意見もあり。

 

私もJリーグファンの1人でありますのでこれについて感想を述べますと、

 

「ゴール裏に陣取るようなコアなサポーターならば、面倒な旭日旗など絶対に持ち込まない」

 

という事です。今回持ち込んだ人も遠征に来たサポーター団体とは無関係の方、との情報です。

 

この事からも、今回川崎側だけに下った重い処分には、AFC内の政治的な匂いプンプンしまくり!という事が見えてくるわけです。

 

今回のような違反が生じた場合、主催者側の管理不足が問われる事はサッカー界では通例です。つまり、アウェイの水原の本拠地で発生したトラブルなのでその責任は主催の水原側が負うべきものなのです。

 

旭日旗が掲げたのが川崎サポーターである、という根拠が無く、またその証明がしにくい以上、前もって危険物の類をきちんと没収させなかった主催者のセキュリティが問われるのがサッカー界でも通例です。

 

ところが如何ともしがたい事にACL主催のAFCは主催者側の責任ではなく、川崎側に処分を下した、という法もへったくれもない判決を下したのです。

 

この処分が罷り通るという事は、サポーターのふりをしてスタジアムに駆け込み、危険物を誇示すればそのチームが罰せられる事も可能になります。そんな事が発生しないように、主催者側の責任を求められているはずなのですね。

 

しかもこの件は、水原のサポーターが暴力沙汰を起こしたり、川崎サポーターをスタジアム軟禁状態にした事については処分なしになっています。

 

AFC...(ーー;)

 

となっても仕方が無いというわけです。

 

せっかくなのでこの機会に、「何故旭日旗を掲げるのは問題なのか」について軽くおさらいしましょうか。

 

事の発端はわずか6年前AFCアジア杯2011カタール大会の準決勝、日本vs韓国戦です。

youtu.be

 

何かとサッカーにおける日韓戦は香ばしい出来事が起こるので記憶に残っている方々も多いと思いますが、韓国代表キ・ソンヨンがこのゴール後のパフォーマンスで猿真似パフォーマンスをして一気に物議を醸しました。

 

欧州では特に黒人選手に対して猿真似で揶揄する人種差別が度々発生しているので、猿真似というのはサッカー界ではご法度とも言える人種差別行為に当たります。

 

事もあろうにその行為をしてしまったので、当然彼は聴取を受ける事になります。

 

人種差罰行為に関してはサッカー界は厳罰の姿勢ですので、その意図が明らかになれば彼は勿論、韓国代表も重罰が下ったであろう事は想像に難くありません。

 

今でも当時の顛末は覚えていますが、この行為の意図について彼はツイッターで、

 

「観客席の旭日旗を見て〜」

 

とツイートしました。そう、これが全ての発端です。因みにスタジアムに旭日旗があったという証拠すらなく、現地の新聞記者も「目立つものは無かった」と答えています。更にはその後のKFA、大韓サッカー協会の調査においては、

 

「あれは英国に向けてのものだった(キリッ」

 

い、いきなり英国登場!?自分が所属のセルティックで受けた差別の被害者だという、英国のせいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ!?

 

と、供述が二転三転する始末で、事の信ぴょう性が明らかに怪しい顛末だったというわけです。当然、いきなり加害者扱いされた英国からは非難を受けます。

 

彼が旭日旗に関する発言をする前は当然、旭日旗を降る事は何の問題もありませんでしたし、現在も韓国政府は旭日旗について正式に抗議を表明した事はありません。

ところが、自身の人種差別疑惑の行為の言い訳から端を発した嘘が、皮肉にも日本の政治的な象徴として規制事実化されようとしているという皮肉な出来事になっている、という顛末ですね。

 

この悲しい事実についてサッカーファンの知人の方と話をしていて、以下のような展開になりました。

 

「豪州と共にAFCを脱退し、東南アジア、及びオセアニア諸国とパシフィック連盟を設立しよう!」

 

AFCは中東の王族がキャスティングボードを握っている為、もはや組織自体が怪しいのは言うまでもありません。中東レフリーも怪しいわスポーツマンシップに欠けるわ移動も時差を伴うわ、更には今回みたいな政治絡みの問題を吹っかけられる、とデメリットが多く、日本サッカーの強化にも寄与しません。爆買い中国のお陰で少しはやりがいのあるACLも、このような問題に晒されるとあってはクラブの立場からしたら「関わりたくない」の一言でしょうw

 

正直、前回のアジアカップも明らかに日本に不利な中2日だらけのカレンダーを組まれていたので、日本を目の敵にされている事は明らかです。

 

もはやこれは相手が韓国だからという次元の問題ではありません。

 

元々、アジア地域だけ移動範囲が広すぎてW杯予選で長距離時差移動を伴う為、選手のコンディションを守る為に東西に分けて東アジア連盟を設立する、という声はありました。 中東諸国なんて地理上はほぼ欧州ですから。

 

それであれば敢えて、わざわざW杯出場枠を狙ってアジアに転戦してきた豪州を連れて東南アジアとオセアニア諸国で連盟作ってしまった方が良いんじゃないの!?というわけです。

 

デメリットは当然、所属国のレベルは下がりますし、W杯の枠がどうなるかも分かりません。

 

しかし、韓国なんかよりもむしろ中東の王族達が跋扈するAFCという組織の方が厄介である、と先の知人との話で結論が至りましたw途上国は金で物事が動くw

 

この話はもちろん冗談半分ですが、それでも日本はスポーツのロビー活動というものは強くなく、他のスポーツでも何かしらの損害を被る事は多々あります。事無かれ、黙っているのが美徳というのは海外、特に主張の激しい欧州では泣き寝入りしかねない結果になります。実際それで被った被害が今回の旭日旗の処分です。

 

新連盟は作らずとも、政治的にリーダーシップを発揮していく事がスポーツ界でも求められている事を痛感させた、AFCの日本サッカーの実態でした。

 


サッカーランキング


社会・経済ランキング