読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【浅田真央 引退】時代の終わりは新時代の始まり。にもかかわらず後進である樋口選手へのヘイトに繋がってしまうフィギュアファン衆愚化に、日本フィギュア象徴の引退が文化の崩壊でなく進化に繋がる事を切に願う件

 

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

こんにちは。

遂にこの時が来ましたね。私も来季の全日本選手権で最後かも知れないと思いましたが、流石にこのタイミングでの引退とは驚きました。平昌五輪を目標にしていると言っていたと思いますので。

 

引き金はやはり怪我でしょうか。ベテランアスリートは怪我がパフォーマンスの致命的低下の引き金になる事は珍しくありません。

後は五輪の出場枠が2枠になったのも、後進に道を譲る判断を下すきっかけになったかも知れません。来季の全日本選手権で2枠に入るだけの力を取り戻す事が出来ないと判断したのでしょうね。

 

長野五輪の時、自国開催にもかかわらず会場は閑散としていました。近年フィギュアファンになった人はそんな時代、信じられませんよね。今なんて超高値で取り引きされるくらいのプラチナチケットなのにw世界選手権でもグランプリシリーズでも海外の会場が日本のファンで埋め尽くされるんですよ。国内では良い席取れないからといってw

 

そのフィギュアスケートを国民的スポーツに押し上げた功労者に間違いなく浅田選手は入ります。

伊藤みどりが五輪史上初の銀メダルを獲得して世界に日本の存在を確立させ、村主章枝荒川静香の凌ぎを削る争いで地盤を引き上げ、安藤美姫の登場で国民的認知を高め、その最中の2004年の世界選手権で荒川静香があのミシェルクワン、イリーナスルツカヤを抑えて優勝した事でトリノ五輪の出場者争いに世間の注目が注がれました。

 

そのシーズンの2005年、当時15歳だった浅田選手がシニアに初参戦し、天真爛漫な演技と今や伝家の宝刀であるトリプルアクセルで一躍時の人となったのです。

 

残念ながら彼女はISUの定める年齢制限の為出場出来ませんでしたが、2005年シーズンの日本選手権は史上稀に見る超デッドヒートの「しびれる女の戦い」であったと今でも記憶しています。

 

何故記憶しているかというと、この日本選手権を私は現地鑑賞しに行っていたからですw今と比べたら、良くチケット取れたなという。今だったら間違いなく取れないでしょう。

 

お姉さん達の火花散る戦いの最中、さらっと史上初のトリプアクセル2本を決めた彼女はお姉様方を差し置いて堂々の2位となりました。

 

その際には「彼女を五輪に何とか出せないか」と連日ワイドショーで報道されていた気がします。国民的ヒロイン、「真央ちゃん」が誕生したのは間違いなく2005年だったと思います。

 

勿論、フィギュア界を牽引してきたのは彼女だけでなく、良きライバルとして彼女と凌ぎを削ったジャンプの女王安藤美姫や、中野友加里鈴木明子等の存在があってこそ、日本フィギュアが世界でイニシアチブを発揮し、その中で真央ちゃんが象徴として存在していたものと思います。

 

フィギュア界の象徴、「真央ちゃん」が2005年に誕生してから現在に至る間に女子だけでなく、男子も力をつけ、今や羽生、宇野という世界選手権1,2フィニッシュを遂げるまでに成長し、女子を凌ぐ人気を誇るまでになったと思います。

 

彼女に憧れてスケートを初めた子は数知れないでしょうし、次世代の若手スケーター達は彼女の背中を見て育ってきたに違いありません。

 

そして多くのファンを獲得し、フィギュアスケートが国民的関心事にまで発展した功績は計り知れないと思います。

 

それと同時に、そのあまりに大きな大きな象徴を失った反動が来ないか、心配である事も付け加えたいです。

 

彼女の活躍はフィギュアを身近にし、一般の人も多く見るような「フィギュアの文化確立」に成功しました。

しかし、彼女の「象徴」としての存在が強過ぎた為か、世の関心の低下、そしてファンのマナー、節度が崩壊しかねない状態でもありましょう。

 

特にフィギュアスケートが個人の競技であるだけに節度の無い熱狂的なファン(の皮を被った馬鹿)があろう事か、同じフィギュアスケーターにバッシングするという現実です。

これは以前にも、

t-fox.hatenablog.com

 

↑のエントリーでも述べましたが、今回の引退に際してまたしても、

 

労いのツイートしただけで、本人のアカウントにヘイトツイート・・

この国の民度、おかしくない・・?(~_~;)

 

これが、フィギュアが国民的人気を経た事による弊害、文化の崩壊ですね。

 

若い世代は浅田選手引退後の女子フィギュア界を引っ張る存在、樋口選手も正にその一人です。

その選手に対してヘイト丸出しのバッシングを本人アカウントに晒すとは、民度の崩壊というか馬鹿というか、悍ましいものがありますね。

この人達は浅田選手は応援しておきながらフィギュア界の未来を破壊する行為を行っている事に気付いていないようです。

 

メディアリテラシーの無さ、主体性の無さ、真偽を図る力の無さ。日本が不景気に晒されるのは政府のせいではなく、日本人一人一人のせいだろうと強く思いますね。

 

このようなスポーツファンの衆愚化はフィギュアに限った事でなく、他のスポーツにも蔓延るものですね。日本はアジアの中でも安い国、スポーツや芸能の社会ステータスもない、そして民度も低くて住みにくい国になったら何の誇るべき文化の無い国になります。

 

折角、浅田選手が作り上げてきたフィギュアの文化を、ファンが壊してちゃ話にならないって事です。それは仕事と同じでファンも当事者として主体性を持って文化を引き継いでいかなければならないという事です。

 

真央ちゃん、長きに渡る競技人生お疲れ様でした!

 


スポーツランキング


ニュースランキング