読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ライブレポ】BABYMETALを支える神バンドの世を偲ぶ仮の姿、仮バンドのライブに行ってみたら、予想以上にBOH神の爆笑漫談炸裂だった件

 

....(´;Д;`)

 

トップチーム同士の対決に相応しい、息詰まる投手戦でしたが、最後の最後にミスが差を付ける、口惜しさ満点の敗戦に...

 

いやしかし、日本は初回大会から4年連続でベスト4まで進んだ唯一のチームです。監督就任当初は経験不足を色々言われた小久保監督ですが、随分采配も落ち着いた印象で成長されたんだなと感じます。これでホークスファンの望む次代ホークス監督就任にグンと近づいたでしょう!

選手、スタッフの皆様お疲れ様でした!

 

余計な前置きしたところで、本日は、

f:id:T-FOX:20170323191128j:plainキター*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

巷の音楽マニアで話題とかそうでないとか言われる、仮バンドのライブでございます!

 

何が話題というと、それは勿論、

 

ギター:藤岡幹大

ベース:BOH

ドラム:前田遊野

 

全員、キツネ様の召喚とやらでBABYMETALのサウンドを支える神バンドメンバーによって結成されたバンドです。

その仮バンドがミニアルバムを発売!BABYMETALの活躍がこのような形でバックバンドに波及するというのは音楽界への強烈なカンフル剤になりますね。これもまたBABYMETAL効果!

 

そんな仮バンドが正にレコ発とも言えるライブを敢行!その記念すべきライブを観に行って参りました。場所は、

f:id:T-FOX:20170323200023j:plain

 

ここは初めてだったのですが、いわゆるバックミュージシャンの方がやるライブとしては広いハコだったと思います。収容人数は何と800人!しかも即SOLD OUTという人気ぶり。会場内やステージも写したかったのですが、残念なことに、何と会場内撮影禁止だった・・・泣

会場では仮バンドのグッズも発売し、何とまあセンセーショナルw

 

そして今回は、

隠れた縁の下の神バンド、マニピュレーターの神、宇佐美秀文氏率いるユニット、U.S.B.も参加。何と4人の神が今回集結してライブをやるという事で、これはメイトは参加したくなる!

 

因みにこのU.S.B.は、

 

U→宇佐美秀文(Key、Manipulator、Vo.)

S→須藤滿(Bass)

B→DJ バリK~ん(Turn Table)

 

ですが、何気に、Bassが凄い人!メタラー気質のメイトの方はピンとこないかも知れませんが、

www.tsquare.jp

日本を代表するフュージョンバンド、T-SQUAREの初代ベーシスト!日本でもトップクラスのスラップの達人ですね。BOHさんもライブのMCの際に頭が上がらない感じでした。

www.youtube.com

 

これはもうバンド経験者にとってはこの方の珠玉プレイを聞いて損は無いという感じです。

 

最初はこのU.S.B.のライブでしたが、須藤さんがMC含めてライブを全体的に引っ張っていました。やはり人気バンドのT-SQUARE経験者だけあって、単なる「俺ベース上手いよ」アピールではなく、お客さんの楽しませ方をよくよく心得ていらっしゃると強く感じました。客席も動き回り、何とたまたま空いていた私の前の椅子席に乗っかってソロを弾き続けるという幸運が!

 

Σ(゚д゚lll)ガッキノナマオトガキコエルヨ...

 

リーダーの宇佐見さんもVo.(トーキングモジュレーション混じりですが)をガンガン取られていたのが新鮮でした。イメージとのギャップがありますね。何しろ、BABYMETALではステージに立つ事もなく、マニピュレーターという本当に縁の下の力持ち。

 

そんなU.S.B.の熱いライブですっかり温まった後で、ゆる〜く仮バンドのご登場。予定より早めのご登場で、いきなりBOHさんの漫談で始まる緩さwその間にスタンバイが始まります。

今回の仮バンドにはゲストで、

新進気鋭の若手ジャズピアニスト、桑原あい。何と新作アルバムではあのスティーブ・ガッドと共演しているという実力派!凄い!

www.youtube.com

 

凄腕パフォーマンスと裏腹に、そこに度々BOHさんの漫談が入るという緩さ満点のライブでした。どれくらい緩いかというと、

 

BOH「〜(家の)排水口は髪の毛が溜まらなくて綺麗で楽だ!だが、陰◯が(略」

 

BOHさん、この時は若干お客さんも一生懸命笑ってフォローしている感じでちょっとスベってた気がしますw凄い1人で頑張ってバンド引っ張っている気概を感じて、その責任感が強すぎた結果ああなったような気がしますw

 

そんな真面目なBOHさんも素敵☆

 

セットリストには今回発売するアルバムの曲も勿論あって、基本的にはソロ回しとテーマメロディーがある一般的なジャズフュージョン系ですが、神々の皆さんはBABYMETALに影響を受けたのか、ジェント系のフュージョン曲を作り、今回初披露されました。その名も、

 

「ジェントルマン」w

 

アルバムの曲名も緩いですなw

 

ジェントなのかフュージョンなのか分からないような不思議な曲でしたが、BOHさんも、「フュージョン界から顰蹙を食らう」と仰ってましたwこれもレジスタンスですね。

 

そんな緩さ満点の中、約1時間のライブを終え、最後はU.S.S.のメンバーと一緒に彼らのナンバーをバンドバージョンで演奏しフィナーレ。BOHさんと須藤さんのダブルベースという、ベーシストの方々には飯うまなシーンが実現されました。

 

アンコールの演出は無いという話をしたばかりなのにアンコールの拍手が起き、申し訳なさげに仮バンドのメンバーが出てくるほど、お客さんの満足度が高いライブでした。大阪公演が終了した後は暫くライブはお休みするみたいなので、関西地方の方々、これは是非見ておいて下さい。

 

ちょwそれは遭遇したかったw 


ラグビーランキング


スポーツランキング