読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【サンウルブズ】異郷から降り注いだラグビーという名のフェス。王者ハリケーンズに83点取られても現地に行けばサンウルブズ勝利だった、スーパーラグビー開幕戦

f:id:T-FOX:20170226230336j:plain

 

遂にキター*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

f:id:T-FOX:20170226230525j:plain

 

序でにもういっちょキター♪───O(≧∇≦)O────♪

 

遂にやって参りました。昨年から日本に初上陸したラグビーの祝祭、スーパーラグビー

詳細は下記エントリーを参照参照頂くとして・・・

t-fox.hatenablog.com

 

ラグビーW杯2019推しというだけでなく、スポーツ評論家(自称)としてもこのスポーツイベントはイチオシであります。

 

まず球技のスーパーリーグ自体中々ないものです。サッカーやアイスホッケーやハンドボールとか?でもそれらもアジア圏内ですよね。

 

スーパーラグビーの異次元な点は主に2点。

 

・スーパーラグビーはそれはもう、アフリカ〜オセアニア〜南米と、南半球で地球1周します。そこに日本という北半球を挟み、もう世界を股に掛けた超移動リーグ

 

・スーパーラグビーのレベルは正に世界最強。世界最高峰とか、他に同等のリーグがありそうなあやふやお触れ込みは一切排除し、単独世界最強リーグ間違いなし!

 

特にラグビー世界最強国、ニュージーランドのチームのレベルは更に異次元。日本が先月激戦を演じた伝統国、ウェールズ代表ですらトライすら取れずにボコられるレベルなのであります。

 

そんな超絶リーグに、日本初のプロラグビーチーム、

sunwolves.or.jp

 

サンウルブズが参入し、世界の猛者達と凌ぎを削るわけですね。

 

楽しみもあり、((((;゚Д゚)))))))ガクブル もあり。

 

そのスーパーラグビー2017が先週末25日(土)、遂に開幕!

相手は昨季のチャンピオン、ハリケーンズ・・・。

 

世界最優秀選手、ボーデン・バレットや世界最強ウイング、ジュリアン・サヴェアなど、多数のオールブラックス選手が所属している紛れもない世界最強クラブ・・・

 

初っ端から相手に不足はなし、という事で、会場の雰囲気もワクワクで一杯でした。

 

昨季よりもブースも充実し、コンテンツが充実しまくり。

 

f:id:T-FOX:20170226230352j:plain

グッズ売り場が特に大盛況!

グッズの充実度がアーティストグッズ並にw

f:id:T-FOX:20170226235433j:plain

ほら、BABYMETALと大差ないw

 

いいですね〜、まさにフェス状態。

そして今回の開幕戦は何と、

 

あのマンウィズこと、MAN WITH A MISSIONがオープニングセレモニーでライブパフォーマンスをする事に!!

 

彼らは紛れもない、アリーナクラスの大人気バンドですから、そんなアーティストをオープニングアクトで起用するなんて、何て贅沢!!

 

f:id:T-FOX:20170226230444j:plain

f:id:T-FOX:20170226230458j:plain

これが物議(※1)を醸した、自由立ち見席に設置されたマンウィズ用のステージ。さすが、物議を醸した甲斐のある豪華なステージセットでした。

※1↓

t-fox.hatenablog.com

 

しかもあたくし、ピッチレベルのスタンディングエリア抽選に当たりまして、秩父宮のピッチに初めて入りました。感激!!(((o(*゚▽゚*)o)))

f:id:T-FOX:20170226230427j:plain

1月下旬にはボロボロだった芝がふさふさにwしっかり増毛張り替えをしましたね。

 

曲はもちろん、公式テーマソングの,

www.youtube.com

 

Brave  It Outの披露!そしておまけに彼らの持ち曲の

www.youtube.com

 

きっちり場が盛り上がり、客席のお客さんも手を挙げて楽しんでましたね。

そう言ってもらえれば、今回の物議がありながらもステージパフォーマンスは良かったと思えますね。しかも、ステージはそのまま何も使わず放置プレイでは無かったのです。詳細は後ほど。

 

当日は正にラグビー日和、ピッチ内から写したポールが神々しい・・

f:id:T-FOX:20170226230512j:plain

f:id:T-FOX:20170226230611j:plain

ラグビーの開幕戦にマンウィズのライブ・・・豪華過ぎて言葉になりませんw

 

ライブ終了後、正門の入り口に行くと、

f:id:T-FOX:20170226230557j:plain

真壁選手と稲垣選手が即席サイン会的ゲリライベントを実施しておりました。早く復帰してー!(切実)

 

試合まで1時間以上時間があるのに、ブース広場はこの盛況ぶり!

f:id:T-FOX:20170226230537j:plain

 

グッズが大盛況のようでして、特に大人気だったのが、

やはり君かw

ウルビー君のぬいぐるみが速攻で完売してたようです。少なくともおじさんが11時過ぎに到着した際は完売でした。

 

いやあ。外堀からプロクラブらしくなってきました。とにかく会場の雰囲気は昨年よりも更にお祭り状態。イベントを楽しもうという雰囲気がお客さんから沢山感じて、それが良かったですね。試合の勝ち負け抜きに楽しめる。

確かに過去のラグビーの歴史を見れば、勝つという事は大事です。でもそれは結局注目されるきっかけの一つでしかないと思います。強ければ勝手に人気が出るものではありません。

一番大事なのは勝ち負け以前にイベントを楽しんでもらうコンテンツを充実させる事ですね。まさにトップリーグの集客増加に足りないところで、国内初のプロラグビークラブは非常に参考になるモデルケースです。

 

こうして敷居の高いラグビー観戦を変える仕組み作りが前に進んでるのを見る事が出来て非常に嬉しいです。国内シーズンでも、初心者を連れてきたファンが一生懸命ルールを説明しているのを見かけるのがラグビーあるあるですが、残念ながら押し付けがましいと思われるだけですw

例えば女性を連れてきたらイケメン日本人と外国人選手を集めた画像リストとかを見せながら浅くラグビーのうんちく語るだけで良いのです。あとは雰囲気を楽しんでもらえばいいのですが、トップリーグはそれが足りないんですよね。

 

さて、試合前のアップ。遠目だと芝が綺麗です。

f:id:T-FOX:20170226230626j:plain

f:id:T-FOX:20170226230639j:plain

 

そして試合直前、何とサンウルブズ2年目にして新加入、公式チアガールw

f:id:T-FOX:20170226230655j:plain

運営さん頑張りすぎwまだまだリーグ新人で幾つ勝てるかも分からないのにw

 

そ・・そうか!国内残り3戦、全部勝てるという事なんだな!よし3勝貰った!

 

そして遂に待ちに待ったキックオフ!

f:id:T-FOX:20170226230710j:plain

 

試合詳細は次回で述べるとして、スコアは17-83。まあいわゆる完敗でした。

失点の多さから早速イライラをぶつける自称評論家な方々が続出w

 

「W杯まで残り少ないのに危機感がない」

「◯◯はクビ!」

「楽しかった、とか最後良くやったとか、能天気なファンはいらない」

 

遂に、楽しんでるファンまで攻撃する始末!どう楽しもうがその人の勝手ですよね〜。

 

まあ厳しい見方も必要だと思いますが、冷静さが伴わないと全く意味が無いただの中傷になってしまうので、大体はただのノイズと化します。サッカーでも良くある事ですが。

 

そもそも、世界最強クラブ相手に、かつてどうしようも無い弱点だったスクラムで正面から押しまくっていた事、選手を入れ替えてからは自分達の流れを取り戻し、立て続けにトライを取れた事は好材料です。ハリケーンズはディフェンスが超合金の如く硬いので、トライ取るのも一苦労です。

 

そもそも、今回の大敗で早速絶望している人がいるとすれば、そもそもスーパーラグビーのレベルを、NZカンファレンスの強さを逆に舐めていると思います。

このリーグはNZ、豪州、南アフリカ、アルゼンチンという、W杯ベスト4が参加しています。実力からすれば日本はゴミ同然の格下。勝つ事すら厳しい、そもそもスタートから絶望的なレベルなのは分かりきっている事。

 

この断崖絶壁な絶望的な旅を、W杯までファンも一緒に戦う必要があります。ファンも前を向いて頑張る事を試されているのです。

 

絶望して諦め、見栄を張って評論家気取りの虚言を吐き続けるのか。

どんな困難も光明を見出して選手と一緒に先へ進むのか。

 

スーパーラグビーが上陸した事でファンの忍耐力も鍛えられて一石二鳥ですw

2015年に南アフリカを破り、2016年にはウェールズと激闘の接戦を繰り広げても、世界の頂点はまだまだ先が長い。こんな旅のしがいがある競技も中々無いと思います。

 

この様な感じで、きちんと冷静に、且つ前向きに選手を、クラブをサポートしていく事が選手の力になると思います。もちろん多くの人に注目してもらうのも大事ですが、一番の魅力はベンチャー企業の様に一から這い上がる過程を見続ける事だと思います。

「試合内容の割にチケットが高い」「負ける試合は見たくない」人はその価値を享受出来ない、勝つチームになったとしても今度は「勝つ事に飽きて」結局見に来なくなる消費者です。ファンではなく消費者です。

 

ほら、昨季王者に試合は負けましたが、コンテンツ、ファンの盛り上がり含めて、我々は勝利しました。集客、コンテンツ、ホスピタリティでいえばスーパーラグビーでもトップクラスじゃないですかね。 そこはエンターテイメント先進国の力の見せ所。

 

因みに、豪州の人気凋落ぶりは凄いです。ライバルNZに近年勝てないのが非常に気に入らないらしく、ファンが耐えられずに観に来なくなってるようでw

興行という面で十分アピールできているわけですね。

 

きちんと、2年目のサンウルブズに自信を持ってクラブとファン共々前進していこう、そんな風に思えた開幕戦でした。 

f:id:T-FOX:20170226230732j:plain

 

f:id:T-FOX:20170226230802j:plain

 


ラグビー ブログランキングへ

 


スポーツ ブログランキングへ