Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ラグビー日本代表】2017年に押し寄せるビッグゲーム。6月にアイルランド、11月にワラビーズを大箱で迎え撃つ(噂)今こそ声を大にして、陸上トラック付きスタジアムに仮設席設置をお願いしたい件

これが南アフリカ撃破効果か。

 

これが敵地ウェールズでの接戦効果か。

 

これが次回W杯の開催国効果か。

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!

 

 更に凄いのキタコレ・・・Σ(゚д゚lll)

 

W杯熱が俄然高まってきました。

 

ラグビーにはサッカーでいう国際Aマッチデーなるものが1ヶ月単位で用意され、それは6月と11月の2回と決まっています。これをラグビー界ではウインドウマンスと呼びます。(これからラグビーを知って頂く方向けにも書いているので、そこは口酸っぱく説明)

2017年、6月のウインドウマンスでは世界ランク4位と波に乗っている古豪アイルランド。先月のウインドウマンスでは世界最強ニュージーランド代表オールブラックスを撃破し、波に乗って豪州代表ワラビーズも撃破している、上昇気流真っ盛りなチームです。

 

そして、11月はこれまた、日本ラグビーの歴史が動きます。

ホームに豪州代表ワラビーズを迎え撃ちます。過去W杯などで対戦した事はありましたが、ウインドウマンスにおいて正式なテストマッチとして対戦するのは史上初です。

 

日本のマッチメイクぶりもノリにノッていますw

往年のラグビーファンからすれば涙ちょちょ切れるくらいに歓喜し、過去を振り返る事でしょう。

 

「日本がこんなにティア1の強豪国ばかりと対戦出来る日が来るなんて、数年前まではありえんかった・・・(T ^ T)」

 

本当にそうなんです。昨年のW杯でエディーJAPANが快挙を達成するまでは、日本ラグビーに対する世界の評価は正にゴミ同然。

そんなチームと強豪国が好んで対戦するわけがないのです。ミスマッチになってしまうので。

それも文句が言えません。日本は過去のW杯において結果が出せないばかりか、ティア1との戦いでは全部大敗がデフォでした。

 

エディーJAPAN時代に対戦する事が出来たティア1のチームは、若手中心のウェールズと、モチベーションが不明で明らかに欧州遠征前の準備体操感丸出しなオールブラックスのみ。

 

それが、昨年のW杯の3勝で世界の見方はガラリと変わりました。正確には3勝した上で南アフリカを撃破した事が一番大きいでしょう。それだけあの1勝の価値が大きいという事だと思います。

 

6月にはスコットランド2戦、11月にはアルゼンチンとウェールズ。この時点でエディーJAPANの対戦回数を超えていますw

 

もちろん、次回のW杯開催国だから、という理由もありますが、日本にとっては大歓迎な事には変わりありません。強豪国との真剣勝負こそが最大の強化です。

 

さて、その2017年のテストマッチですが、現在のところ、開催場所は未定となっています。

噂レベルですが、福岡のレベスタ、静岡のエコパスタジアムと、W杯の開催予定のスタジアムで開催されるのではないかという事です。

W杯前に、実際の開催場所でやりたいと思うのは来日する相手としては求めるところですし、日本としても予行演習にはもってこいのイベントですからね。

 

その中で、アイルランドの2戦のうち1戦は日産スタジアムで開催するのではないかという噂です。

1戦を地方、もう1戦を首都圏でやるという形にした場合、まだW杯決勝の開催地でテストマッチを行っていないのでこのタイミングで、というのは大いに有りえますね。

 

因みに、W杯決勝の開催地は、日産スタジアムです。サッカーの日韓W杯決勝と同じ場所ですね。

 

恐らく、W杯2019が近づくにつれ国民の注目度も高まり、ティア1の強豪国とのテストマッチには多くのファンが詰めかけるようになると思います。今年6月に開催したスコットランド戦のように、もはや秩父宮ラグビー場のキャパでは到底収まらなくなると思います。

 

その場合、例えば首都圏での開催場所は、

 

味の素スタジアム

日産スタジアム

熊谷ラグビー場

 

ですが、味の素スタジアム日産スタジアムは開幕戦や準決勝、決勝戦と好カードのハコで使用される予定です。

 

世界のラグビーが日本に集結する、記念すべき2019の年に行われる一大イベントを大いに成功させる為に、おじさんは声を大にして言いたい!

 

陸上トラック付きのスタジアム、トラックのスペースを仮設席で埋めてくれませんかね。

 

今年のスコットランド戦を観に味の素スタジアムに行かれた方は既に体感している事と思いますが、

 

陸上トラックがあるとピッチから遠くなり過ぎて臨場感激減なんです・・・

 

秩父宮ラグビー場が如何にラグビー観戦に最高な環境か痛い程理解できると思いますw

 

日産スタジアムにまだ行かれた事の無い方、

 

日産スタジアム味の素スタジアムよりも更に見にくいです!(T ^ T)

 

あまりに距離が遠くて、旧名が横浜国際総合競技場である事から、横(よここく)と揶揄されるくらいです。

日本という国が如何に、フットボール観戦の文化が無いかを如実に表しています。野球場は沢山あるんですけどね・・・。確かに野球以外の競技施設というのは全て多目的併用のものが多いので、スポーツとして地位を確立させているのは野球のみという事が言えるかも知れません。

 

しかし、自国においてサッカーW杯とラグビーW杯の両方を実現する国とあって、フットボール専用スタジアムが無い、というのは全世界のフットボールファンを前にして恥ずかしいと思うのはおじさんだけでしょうか。

ラグビーの世界大会が日本に来るという事は、世界中のファンが日本に集結します。全てのファンに臨場感溢れる試合を楽しんで頂きたいですから!

 

とはいえ、東京五輪の競技場新設問題にも代表されるように、大会後に負の遺産となってしまっては元も子もありません。残念ながら日本にはまだフットボールの文化が無い以上、国民の理解無しに専用球技場の新設は夢の話です。

 

なので、陸上トラックのスペースに仮設席スタンドを設ける事を提案したい!

 

実はフットボールの母国のイングランドでも仮設スタンド付きの大型スタジアムが存在します。

 

サッカーの聖地、ウェンブリースタジアムですね。

ウェンブリーに陸上トラックが存在したところがちょっと意外でした。普段サッカーで使われるところしか見た事がなかったので。

 

新国立競技場でも採用予定と言われている、収納式の仮設スタンドを利用する事でフットボールをやる際は陸上トラックが観戦席になる仕様ですね。

 

f:id:T-FOX:20161216011823j:plain

 

◯サッカーの時のウェンブリー

f:id:T-FOX:20161216011938j:plain

 

勿論、日本で開催予定のスタジアムは仮設スタンドを想定した規格では無いと思うので簡単な問題では無いと思いますが、簡易的なものでも良いので「ラグビーを近くで見る」という体験を少しでも多くの人にしてもらう事が、ラグビーの魅力を一番感じてもらえるものだと思っています。

 

参考にしてもらいたいのがこちらのイベント↓

www.jpnsport.go.jp

 

世界のラグビー史上、最も熱く人気のある定期戦と言われる、ブレディスローカップ。

オールブラックスワラビーズによるガチンコのタイマン対決です。

 

この最大級のテストマッチが、2009年に日本で行われました。場所は今は亡き、旧国立競技場。

この試合でプレミアムシートと名のついた、ピッチレベルで観れる仮設席を陸上トラックに設けた席が設置されました。値段は確か5万とかかなり高いものでしたが、真っ先に売り切れた事を覚えています。

 

他国同士の戦い、ラグビーの文化が濃いとは言えない日本でも、4万5000人が満員になりました。

この事からも、2019年のW杯でも多くのファンが各地のスタジアムに足を運ぶだろうと思います。

 

国内のラグビーイベントでも一度、陸上トラックに仮設席というトライアルは行っているので、今後のティア1国とのテストマッチ、好カードを陸上競技場で行う際は、仮設席スタンドの設置を是非ともお願いしたいところです。

 

W杯の決勝のピッチが席からめっちゃ遠いのは嫌です・・・

 

これからファンは実際に声に出して行かなければなりませんね。

 

陸上トラックに仮設席スタンドを!

日本はW杯でベスト4に行く!

 


ラグビー ブログランキングへ