Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【BABYMETAL,神バンド】ギターの神、大村氏がマニアックなピッキング談義を行っていたので、ピッキングの基礎練について振り返ってみる件

こんにちは。

このブログも元々はもっと社会派な内容を中心にしようと思ったのですが、昨今の日本社会は暗くなるニュースばかりなので、書いてて自分が楽しくなれませんw読んで下さる方はもっと楽しくないでしょう。

 

つまり、今日はJリーグCSシリーズ決勝第1戦、

youtu.be

 

をトピックにしようかと思ったのですが、ホーム&アウェーの第1戦という事もあってかお互いお寒い内容でw、これを書くのは絶対つらい作業になると思って急きょトピックを変更しました。

 

さて、昨日になりますかね。

 

 

 

マニアック・・・(´・ω・`)

 

しかし、さすが若かりし頃からのスーパーハイテクギタリストであり、(恐らく)BABYMETALのギターの神として降臨されてから益々、世のギターキッズの憧れの存在となっていそうですね。こぞって大村氏のピッキングを真似したいんですね。やはり上手い人のやり方を盗むのが有効な一手ではあります。

 

しかし、↑で大村氏が仰っているように、ピッキングにも基礎があり、各々の癖があるのでその点をすっ飛ばして大村氏のピッキングを真似しだすと変な癖がついてしまうかと思います。

 

おじさんもピッキングの基礎についてはかなり時間を擁しましたし、恐らく初心者にはめんどくさ過ぎてすっ飛ばす練習だと思いますw

 

恐らくですが、大村先生の域に達するには、2つの基礎をマスターしている事が前提になるのではと思われます。

 

①「正しいピッキング」をマスターする

②その上で準アングル、平行アングル、逆アングルのピッキングをマスターする 

 

「正しいピッキングとは完全におじさん個人のニュアンスになってしまうのですが、ギターを始めてから数年間、間違ったピッキングをしていた事に気づかず、そのまま続けていました。今振り返るとおぞましい・・・((((;゚Д゚))))

 

何故気付かなかったかというと、エレキギター始めた頃って大体の人はディストーションサウンドに悦が入っちゃって、ずっとそれでギュインギュイン弾くものじゃないですか。初心者あるあるだと思っているんですがw

 

まずこれが落とし穴でして、音を歪ませてしまうと「正しいピッキングが出来てない事に気づかないんですね。まあ初心者だと「良いギター音」を聞く耳も持っていないので歪ませてなくても気づきにくいものではありますが。

 

もう一つ初心者あるあるですが、ギタリストの方、一度はピッキングの際に弦を切った事があると思います。その時点できちんとピッキングが出来ていない、余計な力が入り過ぎという事です。正しいピッキングが出来るようになれば弦は切れません。大村先生もピッキングで弦を切る事は無いと思います。

 

大村先生があんなに綺麗に速くピッキングが出来るのは、それらの基礎を超レベルでマスターされているからだと思うので、ピッキング関連のツイートを拝見する度に改めて、

 

基礎って大事だな。

一線のプロでも基礎練沢山やってるんだろうな。

 

と思わされます。

 

因みに、「正しいピッキング」って具体的になんやねん!て事ですが、クリーントーンで単音スケールを弾いて、それを録音して聴けば大体分かると思います。

 

音がパキパキいって耳障り

 

なんて事を感じたら、「正しいピッキング」への矯正の余地あり、だと思います。大村先生がツイートでアクセントの事を仰っていますが、ピッキングで音の強弱をきちんと付けられる人、あまりいないのでは無いでしょうか。

 

かくいうおじさんも、経験年数自体はそれなりにありますが、未だに「正しいピッキング」については練習中です。これを自在に操れないとピッキングで強弱を自在に付ける事が出来ないんです。

 

結論から言うと、ギターのピッキングには力を入れる必要が殆どありません。ただ、その分繊細さが必要だとは思います。だからこそ奥が深い楽器であると個人的には思います!

 

弦を弾く=弦を弾く(はじく)ようなニュアンスをイメージされがちだと思いますが、弦ははじくのではなくて撫でるように弾くと脱力したピッキングになって綺麗な音が出るようになります。

 

大村先生もピッキング時の人差し指の屈伸について述べていますが、恐らく弦を弾く際にピックの可動域に遊びを持たせてあるから人差し指を使っているものと思います。

その遊びが脱力したピッキングには重要ですね。

↓せっかくなので練習ついでに撮ってみました。このピックの持ち方は分かり易くする為に大げさに表現しています。

 

(ダウンピッキングする瞬間)

f:id:T-FOX:20161130001556j:image指からピックが離れる感じです。この時に蝶番のように、人差し指でピックを押すと同時に親指を上にすっと抜く感じで弾くと、弦をパチン!とはじく事なく音を鳴らせます。 

 

(アップピッキングする瞬間)

f:id:T-FOX:20161130001415j:image

今度はダウンピッキングの逆ですね。親指でピックを押すと同時に人差し指を上にすっと抜く感じで弾きます。

 

ピックの持ち方にかなり遊び空間がありますが、これは少し大げさに持っていますw

 

要するに、余計な力を入れずに正確にピッキング出来るか、という事ですね。

 

↑を踏まえて、メトロノームでテンポ設定をして、一定のフレーズをオルタネイトピッキングで弾いて練習をしていきます。遅めから速めまで全て。勿論ごまかし無しのクリーントーンで。シビアにやると結構難しいですよw

 

大村先生なんかは、速弾きフレーズもクリーントーンですらすらやれてしまうのではないでしょうか。因みにおじさんは多分無理です。

 

おじさんも数年間誤ったピッキングに気づかず続けていたので、一度自分の音を録音して聴いてみると良いと思います。自分の音聴くの凄い恥ずかしいんで本当は嫌なんですけどねw

 

上手くなって、初めて気づく、基礎の大切さ(字余り)

 


ギター ブログランキングへ


BABY METAL ブログランキングへ