Free Tone,Free Sports

ー似非スポーツ評論家&音楽家が斜め上の目線で主にラグビーとBABYMETALを中心に、社会トピックを切り捨て御免ー

【ラグビー、ジョージ・スミス事件】本当の「事件」は反射的な炎上か…。この事件から改めてメディアリテラシーの大切さを学びたい件

rugby-rp.com

www.nikkansports.com

 

…(´;ω;`)

 

こんにちは。先日の大雪で凍傷になりそうな寒気が雪と共に残っていながら、更に今週降雪予報が出て鬱な今日この頃です。またしても渋谷駅は混み過ぎのコミケ会場と化すのでしょうか。

 

さて、前置きはここくらいにして今回は冒頭の件です。本当はこの件はスルーしようと思い、今更のエントリーとなりましたが、選手本人も不起訴となって一段落しましたし、

news.yahoo.co.jp

 

ラグビーライターの方が中々刺激的なコラムをリリースされ、当時波紋を広げていたとかいなかったとかあったようなので、私もこの件で色々考えた事を書き残しておこうかと思います。

 

この事件が炎上したきっかけは、選手の逮捕が昨年末12月30日だったにもかかわらず、明るみに出たのは1月17日と大幅に遅かった、という事。というか本件がメディアにリークされた事で結局、日本協会(JRFU)が釈明会見に臨み、この日時が明らかになった、というわけですね。

 

この対応が炎上の始まりでした。つまり、

 

「逮捕された事が発覚した時点で公表しなかった事が間違い」

「危機管理意識がない!」

 

など、何しろJRFUというのはバレー協会並みにファンから大人気(?)なので、それはもう、JRFU関係者が釈明会見に出ただけで炎上、という感じだったと思います。

 

 

という感じの印象なのですが、この協会の対応が良かったのか悪かったという是非よりも、この一部始終によって世論‐‐もとい、騒いでいたのは一般世論というよりファン中心ですね‐‐がやや感情的に反射してしまった事、ここにメディアリテラシーの大切さが表れるなあと感じました。

 

メディアからこの事件がリークされてから2日後に逮捕された選手は釈放、不起訴になり、結局メディアは何をしたかったのか分からないレベルで何事もなく終了しました。結局あれだけ騒いだのは身内だけだった、と。

 

メディアが逮捕の報を報じ、協会が会見に応じ、逮捕から時間が経っていた事。この時点で既に

 

・選手の犯罪は確実

・協会がこの犯罪を隠蔽した

 

この想像が事実であるかのように、少なからずの人にインプットされたと思います。しかし、この時点でこの二点が事実である事は証明されていません。そして結果的に選手は無罪となり釈放されました。当時はまだ警察が調査中でしたので、協会としては調査結果を待ってから発表するというのは理に適っています。

もしも逮捕後に調査結果も待たずに逮捕された事だけ発表した場合、結果的に選手と企業の名誉が著しく損傷した事でしょう。結局無罪だったとして、それに対するメディアのリリースはどれだけあったか。あったとして人々はそれをどれだけ認識するか。

 

最悪、選手と企業から名誉棄損で訴訟されるリスクもありますね。

 

しかし、メディアの断片的な情報を結果的に人は鵜呑みにしてしまうものです。出された情報を冷静に咀嚼し、想像や思い込みを排除して結果を判断する精神的余裕が必要なのだと思います。断片的な情報だけであたかもそれを事実と思ってはいけませんね。

 

インターネットが普及し膨大な情報があり触れる現代において、正確に事実を読み取るリテラシーが求められる事を改めて感じた一件でした。

 


ラグビーランキング


人気ブログランキング

【ラグビー日本選手権決勝】新たな覇権争いの誕生。圧倒的1強の大正義を崩す事による戦国時代が日本を一層強くしていく事を確信した、パナソニックvsサントリー戦

headlines.yahoo.co.jp

 

(;´Д`)スゴカッタ…

 

こんにちは。日本国内のラグビーシーズンが一昨日の土曜日に終えたという事で、久々にラグビーのネタをば。

 

ジャパンラグビートップリーグプレーオフ兼日本選手権の決勝が秩父宮ラグビー場でキックオフ!されました。この試合が今季の日本最強クラブを決めるチャンピオンシップという試合です。

 

本来トップリーグと日本選手権は別々の大会で、サッカーでいうJリーグ天皇杯のようなものですが、来月暮れから開催される南半球の国際リーグ、スーパーラグビーに日本チームのサンウルブズが始動する故の、その準備期間確保の為に国内シーズン短縮の措置が取られた、という背景です。オフシーズンがない、スーパーハード!!

 

というわけで今回は日本選手権を兼ねるという特別措置故、何とリーグ戦の決勝がNHKの全国地上波で生中継されるという初の待遇(?)で先日の手に汗握る熱戦がお茶の間に放映されたというわけです。

※日本選手権は以前よりNHKが生中継している伝統大会

 

対戦カードは、パナソニックvsサントリー。大方の予想通りのカード。昨季の日本選手権と同じカードですね。

圧倒的な選手層を擁するパナソニックは今季無敗で勝ち上がってきており、正に優勝候補最右翼。サントリーディフェンディングチャンピオンではありますが、今季のリーグ戦でパナソニックに敗戦している事もあり、やはり最右翼は今季もパナソニック、というのが大方の見方であったと思います。

正直、私もパナソニックの戦力は抜けている、と思っていました。今後トップリーグパナソニック大正義様の1強時代が来てしまう、と。

個人的には、健全なリーグという事を考えると圧倒的1強というのはエンターテイメント性に欠けるので、このままパナソニックが大正義であり続けるのは良くないと思っていました。

 

しかし、そんな懸念は間違いでありました。大正義パナソニックの圧倒的な戦力を2季連続でひれ伏すチームが現れるとは、沢木サントリー恐れ入る。

相手は大戦力の選手層に、世界の名将ロビー・ディーンズ率いるチートチーム。それを日本人の若き知将が率いるチームが破る。

 

 

最近発売された著書でも眉間に皺を寄せまくっている鬼軍曹の沢木さんも目頭が熱くなる程の熱闘。ワールドカップ2019を控える大事な2018年シーズンに、スーパーラグビーに参戦しても引けを取らない国内最強戦力と目されているパナソニックを凌ぐ強さを持つチームが現れた事は、日本のラグビー力がまた一段ワールドスタンダードに上げてくれる事でしょう。サッカーでも同じ事が言えますが、国内リーグのレベルの充実がナショナルチームの強さに直結します。

 

この熱闘から翌月暮れには世界トップ国のチームとの熱戦、スーパーラグビーが開幕!

sunwolves.or.jp

 

世界基準の一戦を更に超える数々の戦いになる事を期待してしばしの休息を取りましょう。ファンも少々休まないと…

 

 


ラグビーランキング


人気ブログランキング

【訃報】BABYMETALのギターの神、ギタリストの藤岡幹大氏(36)、逝去

 

ヤフートップにも掲載もされていたので既に周知の事ではありますが、やはりこれまでBABYMETALの事を多く取り上げてきて、ファンとして触れないわけにはいかないだろうと思い、悲痛な気持ちで文字を打っているところです。

 

BABYMETALのギターの神として名を馳せ、歌手のAimerのサポートとしても有名なギタリスト、藤岡幹大氏(36)が1月5日、逝去されました。

 

我々一般のファンが知る事となった第一報は恐らく、冒頭の奥様からのツイートであったので、つい昨日の事。あまりに突然の出来事にファン一同信じられないというのが率直な気持ちであった事と思います。

 

私としても、ベビメタファンだからより身近に感じる人であり、個人的にもご本人のセッションライブでも直にお話させて頂いた事があるだけに友人知人を亡くしたレベルでショックでございます。

 

ギタリストとしても唯一無二の変態的なテクニックを駆使し、多くのギタリストフォロワーもいる貴重な存在を36歳という若さで失う事は、音楽界、ギター界の将来にとっても大きな損失であると思います。

 

しかし、

 

先立つ故人に我々が出来る最大の恩返しは、いつまでも悲しみに囚われる事なく前を向き、それぞれの人生を精一杯ハッピーに生き、そして藤岡氏の武勇伝を明るく楽しく語り継ぐ事では無いかと思います。それがファンの出来る「命を燃やす」事だと思い、悲しみに馳せるのは昨日で終え、心が切り替わっております。

 

ameblo.jp

 

そしてBABYMETALで最も近くで過ごしていたであろう戦友、BOHさんは既に前を向いて切り替わっているようでして、正直読んで笑ってしまいましたw

それと共に安心しました。BOHさんさすがぶれない!

 

これからも藤岡氏の雄姿を、功績を楽しく語っていきましょう。

 


BABY METALランキング


人気ブログランキング

【フィギュア全日本選手権2017】2枠を巡る悲喜交々のドラマ。次々台頭する若手の突き上げに女子シングルの明るい未来が見えた件

 

https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK60379_T21C17A2000000

 

キター☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

年末のゴタゴタにかまけて更新が遅れました、こんにちは。

 

先日、火蓋が切って落とされた注目のフィギュアスケート全日本選手権

特に今季は平昌五輪シーズンという事もあり、五輪シーズンの全日本選手権はいつも以上にバチバチ稲妻がほとばしるような緊張感に包まれます。特に女子においては正に火花散る「女の戦い」…そこに部外者が入ろうものなら焼き殺されかねないような、重い空気が漂います。

 

私は12年前の全日本選手権、2006年のトリノ五輪代表を決める大会で、荒川静香村主章枝をはじめとした幾多のトップ選手が3枠を巡って火花を散らせる現場を観戦した経験がありますが、本当に見ているだけで重力がかかっているかのような重い空気がありました。正に「女の戦い」。

 

今回の戦いは正にその12年前を彷彿させるような大会だったと思います。当時年齢制限で出場資格が無かった15歳の浅田真央が華麗にトリプルアクセルを決めていた状況なんかは、今回の紀平梨花とドンかぶり…

 

f:id:T-FOX:20171229165633p:image

 

公式ツイッターアカウントがあった…所属エーベックスって…あそこアスリートのマネジメントもしてたんですかい!

 

今のジャンプ採点に厳しい規定で全種類のジャンプを跳べるわけですから、真央ちゃんの後を継ぐスターの素質を秘めてますね。今後の活躍に注目です。

 

 

…(´;ω;`)

 

個人的にジュニアの頃から期待しているワカーバボンド樋口さんは惜しくも落選…

ツイートからも言葉に尽くせない悔しさが滲み出ていますが、過去ツイッターなどでティーンの女性へ向けてのものとは思えない、悍ましいバッシングを受けてもこうしてツイッターで自分の考えを発信し続ける真の強いハートを持った、成熟したアスリート。必ずやこの挫折を糧に成長を果たす事でしょう。彼女は元より3アクセルや4回転ジャンプの素質を期待されていたホープです。来季以降に更なる華麗なジャンプを見せてくれる事でしょう!

 

 そして今季右肩上がりに調子を上げ、重圧の掛かる試合でショートフリー共に躍動の演技を通した坂本花織が見事に五輪出場を決めました。おめでとうございます!

 

女子のこの年代、樋口、三原、坂本、白岩、本田といった世代は現チャンピオンのサットン宮原の後を継ぐ、黄金世代になる可能性を秘めていると思います。

 

ここ10年ほどは安藤美姫浅田真央を中心に覇権が争われていましたが、同世代で鎬を削る状況というのがありませんでした。今現在の世界のトップはロシア勢にリードされていますが、この層の厚みは将来に希望を持たせるものだと思います。

 

五輪で表彰台に食い込めるか、期待したいところです。

【ギター】仕事の要素は練習にも活きる。楽器のダラダラ長時間練習にならない為の工夫を考える件

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

こんにちは。ラグビー日本代表の来年2018年6月代表月間、テストマッチシリーズの対戦相手が本日、発表されました。

 

イタリアと2戦交え、最後にジョージア代表と。両チームとも、FWがデカくてその要素だけならフランスにも引けを取らない強さですね。特にジョージアに関してはスクラムはもう世界最強クラス…。

ホームで確実な勝利を狙うシミュレーションとしては恰好の相手。3連勝を狙っていきたいところです!

 

さて前置きはここまでにして、今回は久々に音楽、それもギター練習のお話です。久々過ぎて話題が唐突な感がありますが、私一応ギター弾きでもありまして、この手のジャンルも触れていこうと思ったはずがすっかりご無沙汰になってしまい…orz

 

以前、↓このような↓話をしました。

t-fox.hatenablog.com

 

とどのつまり、「長時間練習する事自体が目的になるなよ!」という事です。

プロのギタリストとか、「一日○○時間はしないとな!」とか結構聞かれますが、それに触発されて長時間やる事が目的化されがちです。

 

正直、それでプロとしての技術を手にしている人は元より音感等の耳が良く、練習による上達のコツを掴んでいるから時間掛けて練習すれば伸びるのだと思います。

 

↑の過去記事でも触れているように、

 

「正しい場所で、正しい方向で、十分な量がなされた努力は裏切らない」

 

この通りです。彼らはそれが出来ているから長時間練習する事が活きているわけであって、十分な量があっても方向や場所が正しくなければ意味が無くなってしまうわけですね。

 

ではギターの練習における正しい場所正しい方向とは何を指すかを考えてみたいと思います。

 

正しい場所は、限られた時間を最大限活かせる、練習に集中する事の出来る環境、というのが要素の一つだと思います。

 

・練習する場所は落ち着いて練習できる環境か?ものが散らかっていないか?

・なるべくすぐにギターが弾ける環境か?準備に時間がかからないか?

・あらかじめ、練習のテーマと、テーマごとにおよそ掛ける時間は決まっているか?

 

練習する場所については、落ち着いて集中出来る環境が勿論望ましい。スタジオを使うのであれば別ですが、自宅であればまず、練習する部屋を見直してみると良いと思います。

部屋の整理が出来ていないと、練習の準備に入る段階で面倒くさくなるなど、労力を使いがちです。ストレスなく練習に入る為に、スマホアプリを駆使するのも有効手です。

チューナーやメトロノームシーケンサーアプリがあればスマホ一つですぐ練習が出来ます。

 

そして、練習時間はあらかじめ決めておくべきだと思っています。そうする事で集中力を高め、練習テーマを明確にする事で練習の目的もはっきりする事が出来る。仕事に通ずる事でもありますね。

 

極限に集中した練習は、1~2時間が限度ではないかというのが持論です。そもそも座っていたとしても、人間は同じ姿勢を保つ事自体が体に負担が掛かります。15~20分座り続けたら一度直立して適度な休憩を入れないと集中力が下がっていくとも聞きます。

 

なので、決められた時間の中練習するテーマを決めて、テーマ毎に掛ける時間も決めてしまう。これが非常に効果的です。

因みに私はこれに気づくまで10年近く掛かりました。そりゃ最初はギターの何たるかを殆ど知らないので、有効な練習方法などが分からないですからね。遠回りは必要な事なのかも知れません。

 

だからこそ、正しい場所正しい方向の大切さを、知らないビギナーの方などには是非知って頂ければとても嬉しい限りです。

 


ギターランキング


人気ブログランキング

【時事:人事採用】大企業のトップが「新卒一括採用~終身雇用」という過去の価値観に囚われている事が、日本のデフレを一層進行させる件

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

こんにちは。来年2月24日から開幕するスーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズのチケット販売概要が本日遂に発表されました!

今季から更に6つのゾーンに分かれ、更に試行錯誤をしているベンチャークラブ、2019年に自国開催を控える日本ラグビーに合って更なる挑戦になる来年のシーズンに期待です。

 

前置きは程ほどにして、今回は時事です。本日、

www.asahi.com

 

この記事が出て、ツイッターでも話題に上ったようでして、

 

 こんな発言をしているのが日本を代表する大企業、旭化成のトップというのですから驚きもののき何とやら…。

 

そもそも、その年代の層は、2000年付近の就職氷河期世代の方々に当たる方々です。企業が新卒採用をしなかった為に、上手く就職が出来ずに苦しんだ世代ですね。

その当時程ではないにしろ、私もその数年後に就活を迎えたのでその厳しさの残り香はありました。その後、東日本大震災後の転職活動も経験しているので、今の就職市場のウハウハぶりが信じられないくらいです。

 

つまり、旭化成のような状況を生んだのは、その当時に採用活動を控えた企業の責任です。そうやって就職氷河期世代を捨てておいて、人材不足だからまた若い人で育てるとか…。

30代後半から40代の労働者が不足しているわけがないんです。本当に能力的に人材不足だとしたら、それは企業の責任です。

 

何故そのように感じるのか。特に大企業なんてのは新卒採用で苦労しないところが多いので、中途採用のモチベーションやノウハウが欠落しているからだと思います。つまり、未だ「新卒一括採用~終身雇用」という前時代の価値観で採用を捉えている。

 

その価値観は1980年代あたりの高度経済成長期だから出来た手法です。そしてそれがデフレ不況で出来なくなったから、2000年付近に新卒採用を止め就職氷河期世代が生まれたわけですよね。

そして今や、終身雇用すらも保証されなくなってきている。間違いなく終身雇用は崩壊します。終身雇用というのは定年退職までの終身です。定年退職した後年金で生活する事が前提になっています。つまり、これも破綻しています。年金だけで食えない時代がやってきて、人生終身で働かなければならない時代がもう目の前まで来ています。

 

そんな時代を目の前に、特に30~40代辺りの世代は将来を案じながら四苦八苦して経済活動を行っている最中、この社長さんは寝言を言っているわけですね。

 

年齢だけで人を選ぶという事が如何に愚かな事か。若さだけで優遇する事が能力や適性を見る目を曇らせ、本当に優秀・適正な人材を腐らせて経済を低迷させてる事に気づいてないという事です。

 

私もいくつかの企業の採用のチームで働いてきて、日本社会はこの古い価値観から抜け出せていないと感じます。年齢にこだわらず、契約社員からでも良いのでまず採用して試用期働かせてみれば良いのです。今の日本に必要なのは人材の流動性です。恐らくそれは既存正社員の既得権益が邪魔しているというのもあるでしょう。

 

良い人材を相応の待遇で雇用する事で採用の付加価値が生まれるという原則を忘れていますね。商売において、安かろう悪かろうが相対的に価値を貶める事は、採用においても言える事です。

 


社会・経済ランキング


人気ブログランキング

 

【サンウルブズ】野望は大きくなくては始まらない。来季新体制の発表会見において飛び出した「TOP5」という目標は、日本代表の大きな野望にも繋がる件

sunwolves.or.jp

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

(゚Д゚;)エエ~!?

 

すっかり真冬の寒さの中で、「#sunwolves」がトレンド入りするくらいに熱い日になりましたね、こんにちは。

本日は、

 

2018年サンウルブズの新体制発表記者会見の日でした。日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチがサンウルブズのヘッドコーチも兼任するという、スクランブル体制でワールドカップ2019日本大会に向けた強化策が実施される、本日はその序曲とも言えるでしょう。

 

その中で早速、26名のメンバーが発表されました。

 

渡瀬CEOが以前から度々言及していたように、3年目は「勝負の年」、「即戦力外国人も加える」と述べていた通りの陣容であったかと思います。

 

その中でひと際目立つ…

ジョージア人初のスーパーラグビー選手がサンウルブズで誕生!

ジョージア代表として昨年の日本代表の欧州遠征でも対戦している、フッカーのジャバ・ブレグバゼ選手。

ティア2国の先鋒としてここ数年何度とも対戦してきたライバル国の代表選手がサンウルブズで共に闘うというのは、胸が高鳴るものがありますな!

ジョージアと言えばれっきとしたスクラム大国。そのテクニックやノウハウを吸収するチャンスでもあり、そういう部分で経験値ある外国人選手を迎え入れる利点はあるというものです。

 

今回発表された陣容でもう一つ気になったが、過去サンウルブズにも召集歴の無いニューカマー、ルアーン・スミス、グラント・ハッティング、ロビー・ロビンソン、ゲラード・ファンデンヒーファー。ロックの層の補強はともかく、他のポジションにも幅広く、他国召集歴の無い外国人選手が招集された事。これは恐らく、2019年の本大会に向けた日本代表資格を有する有力候補を招集したのだと思いましたが、報道を見る限りはその通りのようです。

 

また層が厚くなって…2018年からは本気の代表強化活動が始動!という感じでしょうね。

 

つまり、先月の代表月間までは2019年の本大会で戦いうる候補選手の見極め、という位置づけだった事が伺えます。その結果不満に感じたポジションを上記の選手達でカバーしていく…そのような手筈で進んだような気がします。

 

そして来季設定された目標がこれまた…

 

JSRAが2018年から5年間掲げる組織スローガン「5 BEYOND 2019」のもと、
①「5 FOR THE CHAMPION」(サンウルブズを5年以内にスーパーラグビーで優勝できるチームとすること)、②「5 TO THE RUGBY PARK」(日本ラグビー界と共に、秩父宮ラグビー場の青山ラグビーパーク化を推し進めること)そして3つ目のサブスローガンとして、2018シーズンのサンウルブズチーム目標として③「5 FOR TOP 5 IN 2018」を定めました。

 

うっそーん!/(^o^)\

 

5位以内…。それはもう、日本の所属する豪州カンファレンスで並み居る豪州の強豪クラブを押し退けて1位になる勢いが必要という事ですw想像がつかない…

 

しかし、今回の陣容はそれを可能にすると踏んで設定した目標なのでしょうから、私はワクワクしながらシーズンを迎えていきたいと思います!

 

最後に忘れてはならないのが、

 

日本を代表するスーパーバンド、MAN WITH A MISSIONが来季も公式テーマソングを担当する事が決定!これで3季連続…凄すぎるw

 

まだ生まれたてのベンチャークラブをこんなに推してくれるなんて、来季本当にトップ5行けそうな気がしてきますねw

 

今後、まだ未契約の選手達が追加で決定していくはずですので、誰が入って来るのかまだまだ楽しみは尽きませんね。

 


ラグビーランキング


人気ブログランキング